こだわりインテリアNO.6

2008.11.09 Sunday

0
    久しぶり、 こだわりインテリアNO.6楽しい
    窓にかかってる、下界いえいえ外との間隔を保ってるきり絵のカーテン。
    今日も「あれはどこからグー?」とお問い合わせあり。
    北欧のデザイナーの『トード・ボーンチェ』さんの作品です赤りんご

    で、今日のご紹介は「Tajima nanndemoya koubou:KANO」作成のこれ見る

    ゴートンチンカンヌリヌリ 1 ゴートンチンカンヌリヌリ 2 ゴートンチンカンヌリヌリ 3


    すみません、シーリングファンじゃないです、
    二階の壁代わりに使ってる鉄製の 「 柵 」
    材料は鉄の棒(鉄筋)、溶接棒、さび止め塗料とネジ。

    使用した道具は、灯油ハイカロリーバーナー、ハンマー、溶接機、はけ 
    あとは自分の体力だけ。
    総費用約8000円なり〜(もちろん自分の人件費は計算外たらーっ
    鉄棒を適度な長さに切って、適度なカーブをつけて、バーナーで加熱。
    真っ赤になったら、おっきいいハンマーで一気に先を平たく適度にたたきあげる。
    これを溶接機で適度にひっつける。
    塗料を適度に何回か塗ってとりつけたら完成拍手拍手
    ぽいんとは、フガー適度プシュー(別名 てきとう とも言うイヒヒ

    お客様からの反応はいまいちわからないんですが、自分としてはグッド
    世界に浸ってます唖然

    実はこの柵、どこかのカタログで見かけたもの、デザインもありますが
    これを作ろうと思った理由は「これならマネできそう」
                             撃沈失礼しましたGO!でもこれ作るの、とってもいいからだ作りになりましたヨジョギング
    費用対効果は抜群、たぶん購入すれば20倍くらいはかかる。かな。

    ぜひ皆さんも体力で「レッツ セツヤク」、筋肉増強のおまけつき楽しい